hpgrp GALLERY TOKYO

ARTIST

Kouzo Takeuchi

竹内紘三

1977 兵庫県生まれ

2001 大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース卒業

2003 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所卒業



主な個展

2015 「reformation」 hpgrp GALLERY TOKYO(東京)

2014 ギャラリーたち花(東京)

2013 「時間軸」 アートフロントギャラリー(東京)

2013 「轍」ギャラリー創 (札幌)

2012 ギャラリー器館(京都)

2011 日々(東京)

2011 GALERIE HELENE POREE(パリ・フランス)

2010 桃居 (東京)

2009 陶彩(東京)

2007 KEIKO GALLERY(アメリカ)

2006 INAXガレリアセラミカ(東京)、他多数



主なグループ展

2015 「Five Sculptors」 hpgrp GALLERY TOKYO (東京)

2015 「絵画と陶 二人展」ESH Gallery (ミラノ)

2014 「日本若手陶芸作家の息吹」Espace Culturel Bertin Poiree(フランス)

2014 Galerie IAC Berlin - Königswinter (ドイツ)

2013 「Walk on the Wild Said」Tomio Koyama Gallery エディションズ (京都)

2012 「JAPONISM」 et I’Atelier Terre Croix-Baragnon (フランス)

2012 「田淵太郎・竹内紘三 陶展」 JR 大阪三越伊勢丹 (大阪)

2011 「二人展」 桃居 (東京)

2010 「日本の現代陶芸の領域」ESPACE CULTUREL BERTIN POIREE(パリ)

2009 「現代日本の創造」 オテル・ド・ルオ (フランス)

2008 「今泉毅 竹内紘三 服部竜也 三人展」Oogi(大阪)

2007 「SOFA New York」 パークアベニュー・アーモリー (ニューヨーク)

2006 「SOFA Chicago」(シカゴ)

2005 「contact 4 陶磁器日韓交流展」 滋賀県立現代美術館ギャラリー (滋賀)

2004 「陶のかたち展」 ギャラリー北野坂(神戸)

2001 「Let's 5人展」ギャラリーハンター坂(神戸)、他多数



パブリックコレクション及びコミッションワーク

ボストン美術館、マンダリンホテル上海、 ペニュンシュラホテル東京、LOUIS VUITTON 銀座並木通り店、セレヌスチ美術館 ( フランス )、リッツカールトン京都、他



竹内紘三は多治見市陶磁器意匠研究所を卒業後、国内外の展覧会に積極的に参加し、数多くの美術館やホテル、店舗などにもコレクションされる今最も注目すべき陶芸家の一人です。

筒状のパーツをいくつも重ね、構造的に組み上げ焼成した後、ハンマーを使って大胆に作品に衝撃を与え破壊します。

焼成という間接的な過程を経る陶芸のプロセスに、割るという直接的な行為を加える事により作家と作品との距離が近づき、意図的な行為と偶発的な結果は作品の中にノイズを生み出します。
荒々しく削り出された断片から生まれる豊かな陰影が特徴です。



1

Modern Remains Polyhedron, 2015, glaze on porcelain


2

Modern Remains Glacier, 2015, glaze on porcelain


3

Modern Remains Regad, 2015, glaze on porcelain,glass


4

Modern Remains Archaic, 2015, glaze on porcelain,wood