hpgrp GALLERY WINDOW

    「Circulation of Duquheapuer」

    2014.09.19 ( fri ) -2014.10.31 ( fri )

    ARTIST 松宮硝子

    H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIより、松宮硝子による個展「Circulation Duuheapuer」の開催をご案内申し上げます。
    ガラスを用い、想像上の生命体であるDuuheapuer(ドゥークーヒープー)の生体を表現し続けている松宮硝子。
    無機質であるはずのガラスに息吹を感じ、それをDuuheapuerと名付け、ジオラマや標本という形にする作品を制作しています。大小さまざまな要素を床から天井に配するインスタレーションや、装飾的な造形を緻密に繰り広げるオブジェを中心に制作している松宮が、本展ではDuquheapuerの生体の循環像を発表致します。
    瑞々しさと脆さが共存し、清楚な緊張感を潜ませる独創的な世界観を、この機会にぜひご高覧ください。

     

     

     

    【アーティストステートメント】
    深い森の中では、人間と動物、人間と精霊、そして生と死が、切り離されず一体となっている。
    それらは、支え合い、時に殺し合いながら、どこかで繋がり、最後はともに消滅する。(『ヤノマミ』国分拓)
    時として私たちは無生物に対しても息吹を感じることがある。それは生物と同じように物質もいつかは消滅する存在だからである。またそれらは元々の存在から別の存在になってゆき、大きな流れの中では循環してゆくものでもある。(例えば生物であれば死という消滅を迎え、土に帰り、その一部が栄養となって植物が生え、それをまた動物が体の一部として循環して行く。鉱物であればマントルによって消滅しながらも新たな鉱物として循環するか、風化や浸食によって崩壊することで消滅を迎え、風や流れによって移動した地で堆積され圧縮されて新たな鉱物となって循環して行く。)
    ガラス自体は風化しにくく長く存在し続ける物であると同時に脆く儚いというイメージがある。実
    際、特殊な加工を施しているガラスを除けば、同じ大きさの木材や金属に比べれば割れ易く衝撃にも弱い。私はその相反する性質を持つガラスに息吹を感じる対象を見つけた。
    そして” Duquheapuer” と名付けた。
    さらに対象がより近い存在となるように、彼らの生態を記録するためにテキストをつくり、ジオラマや標本で目に見える形としていった。ジオラマの多くはDuquheapuer が生きてゆくためにとる行動であり、共生することもあるが他に寄生する事も侵すこともある。そして時には消滅に向かう瞬間を展示する事もある。それは都会であれば厳しい競争にさらされ、他者との関わりが困難になる現代社会とつながる。深い森の中であればダイレクトな生存競争にさらされる。どちらも生きてゆくのは難しい。その中で皆生きている。
    私自身はDuquheapuer というフィルターを通して現実を受け入れ、生き抜いてゆくためにもつくっている。深い森の中であろうとビル建ち並ぶ都会であろうと、人も石も名も無き存在も、お互いを支え合うこともあれば排除しようとすることもある。しかしどこかで繋がりながら循環してゆく。
    松宮硝子

     

    AS ONE

    2014.08.01 ( fri ) -2014.09.18 ( thu )

    ARTIST 高山 夏希

    H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIより、アートアワードトーキョー丸の内2014(a.a.t.m.)にてアッシュ・ペー・フランス賞を受賞した高山夏希による「AS ONE」の開催をご案内申し上げます。
    アートアワードトーキョー丸の内(a.a.t.m.)は、日本の美術大学・芸術大学の卒業制作展へ足を運び、その中から選抜した作品・作家を行幸地下ギャラリーで展示し、若手アーティストの発掘・育成を目的とした展覧会です。2011年度から「アッシュ・ペー・フランス賞」を設立し、受賞者はH.P.FRANCE WINDOW GALLERYで個展をし、アーティストとして更なるキャリアを積むことができる機会を獲得します。
    一見するとビーズや刺繍のような表面がとても興味深く、そして力強い高山の作品は、作家が一貫して関心を寄せる「動物と人の関係」が主題となっていますが、そこには単に「関係」という言葉で括りきれない「念」のようなものを感じ取ることが出来ます。一つの空間の中で気体のように交わる人と動物のイメージは、時間の流れや曖昧な記憶と同様に掴みどころの無いものですが、高山はそこに物事の本質を感じ取り、作品へと昇華させています。今後の活躍が期待される高山夏希の作品をこの機会にどうぞご高覧くださいますようお願い申し上げます。

    ウィトルウィウス的解剖図

    2014.05.23 ( fri ) -2014.07.31 ( thu )

    ARTIST 野村康生

    1979年生まれの野村は、これまでモチーフに潜んでいるであろう規則的な法則を独自の理論で解き明かし、絵画作品として定着させてきました。本展では、古代ローマ時代の建築家ウィトルウィウスの建築論の記述をもとに描かれたレオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図をモチーフとし、現代における美の法則を定義します。東京では2年振りの個展となる野村康生の作品群をぜひこの機会にご高覧ください。

     

     

    【ARTIST COMMENT】
    自然の造形物に見られる数学的法則を始めとした科学的根拠を基点に用い、本質的な美の基準を問い直すことが自身の作品制作の根源である。
    ファッションとも深い関わりのある「美しいプロポーション」は、古代エジプトのファラオの時代から数学的な比例法によってモデル(基準)が採用され、時代によって変遷してきた。また、逆にモデルそのものが各時代の美意識に影響をもたらしたことも事実だ。人体比率の基準が普遍的な美に成り得るか、この機会に再考したい。
    本展では、科学と芸術双方に優れた功績を成したダ・ヴィンチが「自然」と「美」を結びつける基準として提示した「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフに、科学的視点からプロポーションの美を捉え直す。「ウィトルウィウス的人体図」は人体の尺度を数学的に説明しており、人体が如何に美しい幾何学的プロポーションを備えているかを表している。
    この人体図を数学的な方法論で再解剖し、視覚的に美の尺度を提示する。
    —野村康生

     

     

     

    【REVIEW】
    機能美か、過剰な装飾か—自然の美の法則に挑む科学とアート

    生き物の美しさや体のプロポーション。それが存在する理由を、進化生物学者は考える。それは、その生き物にとって有利な特徴だから、きびしい自然淘汰を生き残ってきたとしてみよう。

    最新鋭の戦闘機は美しいと思う。より強く速く飛び、自分を守り敵を殺すという冷徹な目的のためにデザインされた戦闘機械だが、その性能をつきつめたとき、それは機能美に収束する。おなじように、ヒョ ウもイルカもハヤブサも美しい戦闘機械だ。生存のたたかいのためだけに自然淘汰が研ぎすました彼らの体には、確かに美が宿っている。

    人間も戦闘機械である。数百万年の人類史の大部分において、人間は狩猟と採集で生きるためにたたかい続けてきた。より強く、よりかしこく。自然淘汰はそういう人間を好み、また人間のほうでも、強くかしこい個体をリーダーや結婚相手に選ぶ美的感覚を持つにいたった。このように機能で説明できる生命の美は数多いが、実はそれだけではない。

    そう、生き物の「美しさ」は、機能美だけではない。たとえばクジャクのオスの尾羽はどうか。それは確かに美しく、そしてとても厄介なしろものだ。長い尾羽がじゃまになり、彼らは飛ぶのも歩くのも苦手、エサを摂るのも敵から身を守るのも苦手だ。それでもなんとか野生で生き延びているのだが、もし尾羽が機能的な長さだとしたらどんなに暮らしやすいだろうと傍観者の私は思う。

    なぜそんな、オスの尾羽が自然界に存在するのか。それを好むメスがいるからである。その尾羽に 「生活力」はなくとも、過剰で華美であるほどメスを魅了するのだ。機能的にはむしろマイナスなものでも、異性に好まれる特徴は選ばれ、子孫に伝わり繁栄する。

    これを数学的に説明したのは20世紀の進化生物学者フィッシャーだ。クジャクの尾羽のように機能的ではない過剰な装飾が自然界に存在するのは、ランナウェイ(暴走進化)効果に由来する。なんらかのきっかけで「交尾には尾羽の長いオスを選ぶ」というルールがメスのなかで支配的になると、尾羽の長いオスが選ばれて、やはり尾羽の長い大勢の息子をつくり・・・という世代を経るにしたがってどんどん尾羽が長くなっていく。やがて長くなりすぎて機能的に支障をきたすようになっても暴走はとまらない。これがランナウェイ効果である。ついに尾羽は、オスが生きていけるギリギリのサイズに届き、そのあたりで一進一退を続けることになる。クジャクたちは生死のさかいで、生存と繁殖のトレードオフでたたかっているのである。

    クジャクたちが共有するルールはなぜ支配的なのか。仮に、短い尾羽を好む少数派のメスがいたとし よう。彼女は尾羽の短いオスとつがい、尾羽の短い息子を持つだろう。しかし、その好みは少数派であるがゆえに、彼女の息子はつがいの相手を探すのにさんざん苦労し、子孫を残さず死に絶えていく・・・。かくして過剰な装飾は自然界に保たれ、より先鋭化していくこととなる。

    それでは、人間にとっての「美しさ」とは機能美なのか。それともクジャクの尾羽のような、生活力を伴わない過剰な装飾なのか。その両面を持つのならば、相反するふたつの基準はどのように配合されているのか。生命は奥深く、科学者の悩みもまた深い。科学者は、自然現象を解体し、抽出した法則を再構築することで、これらの疑問に挑んでいる。

    ウィトルウィウス的人体図に見られるプロポーションはなぜ美しいのか——野村氏の作品は、自然界にひそむ規則性を提案し可視化する試みである。私はおなじものを、生物学の観点から見つめ、仮説を立て、それが自然淘汰で選ばれた理由を説明しようと試みる。このふたつのアプローチの接合点に、何らかの普遍的な法則があるような気がしてならない。

    —京都大学 准教授 伊勢武史 (生態学/進化生物学)

    THE HILLS ARE ALIVE:LANDSCAPE 2

    2014.03.24 ( mon ) -2014.05.22 ( thu )

    ARTIST クリストフ・コパン

    H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIより、クリストフ・コパン個展「The Hills Are Alive: Landscape 2」開催をご案内申し上げます。

     

    ロサンゼルス。アーティスト、クリストフ・コパンはこの地を訪れた際に、この街を囲む美しい山々を生涯の制作テーマにしようと決めました。かつてベルギー王室御用達となるまでの活躍を見せたブリュッセルの帽子デザイナー、クリストフ・コパンは2012年の秋冬シーズンを最後に自身のブランド「Christophe Coppens」の活動をストップしました。ビジネスが大きくなるにつれ、自分の考えるクリエイティブなことが出来ていないと感じたからだと語っています。ファッションデザイナーをやめ、アーティストとして自身の表現活動に専念するようになった彼は、自分の作って来た洋服を重ねていくつもの山を作りました。そこからヒントを得て制作したのが、過去の自分を「山」として再構築する作品「Everything Is Local:Landscape 1」。この作品で2013年にボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(オランダ、ロッテルダム)にてアーティストとしてのデビューを飾りました。その後、(山のない)ベルギーからロサンゼルスに居を移し、続く「The Hills Are Alive : Landscape 2」は、前作から継承する「山」のイメージも色濃く残しながら、ロサンゼルスを構成する重要な要素の一つ、ハリウッド映画のセットを想起させるインスタレーション作品です。2014年3月24日、本作品が東京・丸の内のH.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIに登場します。「 ショップ」という世界観に強いこだわりを持つクリストフらしく、ギフトショップさながらに構築された空間には、様々な素材で作られた「山」のキャラクターオブジェが並びます。コミカルなもの、モンスターらしきもの、セクシュアルな形体など、個性的と評されたかつてのコパンの「デザイン」を彷彿とさせながらも、さらに感性が解き放たれた世界が確固たる技術で表現されています。人々を美しく飾り続けたその感性は、新たな地で自己に眠る強烈な個性を引きずり出し、表現者として次章の幕を開けたと言えるでしょう。

    interweave no.4

    2014.01.11 ( sat ) -2014.02.06 ( thu )

    ARTIST circle side

    H.P.FRANCE WINDOW GALLERYより、circle side - interweave no.4 - を開催のご案内を申し上げます。

    circle sideはアーティスト、デザイナー、プログラマーなど異なる専門領域のクリエイター達からなるクリエイティブユニットです。それぞれの持てる技術を活かしてアートプロジェクトに参画し、様々なプロジェクトにて 作品の発表を行っています。

    誰もが知っている日常的な素材や事象をアートに変換することで、新鮮な驚きを与える彼らの作品は、アナログな手法にデジタルメディアといった新しい技術を交えて構想され、生み出されます。

    新年の丸ノ内を彩るcircle sideの作品をこの機会に是非ご高覧ください。

  • interweave no.4

    2014.01.11 ( sat ) -2014.02.06 ( thu )

    ARTIST circle side

    H.P.FRANCE WINDOW GALLERYより、circle side - interweave no.4 - を開催のご案内を申し上げます。

    circle sideはアーティスト、デザイナー、プログラマーなど異なる専門領域のクリエイター達からなるクリエイティブユニットです。それぞれの持てる技術を活かしてアートプロジェクトに参画し、様々なプロジェクトにて作品の発表を行っています。

    誰もが知っている日常的な素材や事象をアートに変換することで、新鮮な驚きを与える彼らの作品は、アナログな手法にデジタルメディアといった新しい技術を交えて構想され、生み出されます。

    新年の丸ノ内を彩るcircle sideの作品をこの機会に是非ご高覧ください。