hpgrp GALLERY TOKYO

FaceBook
Instagram
JP

EN

TOKYO NUDE - reflective city -
安藤 瑠美 Rumi Ando

2022.5.25Wed - 2022.6.25Sat

同時開催 TOKYO NUDE - mountain range-

at H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI
2022.05.25 Sat - 06.20.Mon

安藤 瑠美個展「TOKYO NUDE - reflective city -(hpgrp GALLERY TOKYO) 」、「TOKYO NUDE - mountain range-(H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI) 」二会場同時開催のご案内を申し上げます。

レタッチャー/フォトグラファーとして活動する安藤の代表シリーズとも言える「TOKYO NUDE」は、合成や加工などの補正技術(レタッチ)を使用し「虚構の東京を写真で作る」というコンセプトのもと制作されます。広告や窓、室外機など、安藤が街の“ノイズ”と呼ぶものをすべて消すことで、文明という衣服を脱ぎ捨てた、東京の裸の姿を露わにさせています。色彩や配色を変え、雲や建築物までも合成された空間は、実際にある風景でありながらも、絵画のようにフラットなパラレルワールドとして東京の輪郭を写し出します。

本展は南青山に所在するhpgrp GALLERY TOKYOと、丸の内ビルディング1F H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIとの二会場同時開催となり、南青山会場では会場上階から撮影したオリジナル作品に加え、日本初公開となる、TOKYO NUDEシリーズにペインティングを施した新作をご紹介いたします。ぜひこの機会にご高覧ください。

Artist statement

今、自分が眼にしている、この街、この空、この風景、、、
世界とは、自分を映す鏡である。
自分の頭と心が絵筆を取って、然もそうであるかのように網膜に描写した写実絵画が現実かもしれない。

バーチャル空間での活動がより重要となった昨今、リアルな空間は一部希少性を増し、同時に他は意味を剥奪され徐々に形骸化している。
この抜け殻の都市を写真に収めていく。それは現実であり、私を反射させた虚構の風景でもある。
円を描いた写真は、まさに写真(現実)と絵画(虚構)の境界を表している。



"TOKYO NUDE G"
シルバーフレーム、キャンソン紙、アクリル絵の具 / 800×533mm / 2022

安藤 瑠美 Rumi Ando

略歴
1985 岡山県生まれ
2010 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業
2015 アマナグループ 株式会社アンに入社
2021 独立
現在 レタッチャー&フォトグラファーとして活動中


主な展覧会

2007 受賞作品展「epson color imaging contest 2007」スパイラルガーデン(東京)
2009「東川町国際写真フェスティバル インディペンデンス展」東川町文化ギャラリー(北海道)
2010「dream islands」ニコンサロンbis(東京、大阪)
2012,2013 TOKYO ART BOOK FAIR参加(東京)
2019 SHANGHAI ART BOOK FAIR参加(上海)
2020- 「TOKYO NUDE」(東京,愛知,岡山,福岡)
2022 「PIECES OF CITYSCAPES」(東京)


受賞歴
2007 epson color imaging contest 佐内正史審査委員賞受賞
2019 THE REFERENCE ASIA: PHOTO PRIZE 2019 ナタリー・ハーシュドーファー選 優秀作受賞


掲載情報
2019 Lürzer’s Archive ”200 BEST ad photographers worldwide”
2020『IMA』Vol.31「STEP! OUT」
   コマーシャルフォト9月号
2021 GENIC 10月号 VOL.60
2022 『XD MAGAZINE』Vol.4

hpgrp GALLERY TOKYO
エイチピージーアールピーギャラリートウキョウ

〒107-0062 東京都港区南青山5-7-17 小原流会館B1F
tel 03-3797-1507
email art@hpgrp.com
open 12時〜19時
close 日曜・月曜・火曜

ARCHIVE