hpgrp GALLERY TOKYO

    空色と水色 / 風を眺める

    2019.09.13 ( fri ) -2019.09.28 ( sat )

    ARTIST 鈴木一成

    hpgrp GALLERY TOKYOより、鈴木一成個展「空色と水色/風を眺める」の開催をご案内申し上げます。
    3年間の渡仏生活を経て、帰国後フォトグラファーとして国内を中心に活躍する鈴木一成。今回の展示では、知覚と体験をテーマにした新たな写真表現として、新作となる2シリーズをご紹介します。
    生活の中で視覚から受容される数多の情報は、意識しなければそのほとんどが記憶に残ることはありません。一方、その瞬間を正確に切り取る写真表現では、些細な情報でさえその場の一部として鮮明に記録されます。鈴木は、そのような人の知覚の曖昧さと写真としての明確さとのギャップをテーマに制作しています。
    今回発表するシリーズ「空色と水色」では、ともに”青”を連想させる空と水をモチーフに、空の風景を水を張った鏡に反射、透過させながら撮影します。そこに切り取られた風景は、何色と表現されるのでしょうか。
    また、もう一つのシリーズ「風を眺める」では、一面に揺らぐ木々が撮られています。遠景としては”山”であり、近寄れば”森”となり、間近に行けば”木”にもなる風景を、スローシャッターで葉の形を認識させることなく撮影することで、色彩の情報として切り取られます。それらを眼前に提示された時に、私たちは情報をどのように受容するのでしょうか。
    時間軸や撮影方法によって風景に抽象度を加えることで、知覚の曖昧さとの共通項が生まれ、写真が単なる記録媒体ではなく、表現技法として問いを投げかけてきます。ぜひこの機会にご高覧ください。

    RYOONO EXHIBITION

    2019.08.09 ( fri ) -2019.09.07 ( sat )

    ARTIST RYOONO

    RYOONO EXHIBITIONの開催をご案内申し上げます。
    有機的で躍動感溢れるアートワークを展開するRYOONO。
    アパレルや飲食、企業とのコラボレーションなど様々な媒体で注目され、商品パッケージや空間演出など、その表現は多岐に渡り国内外で実績を重ねています。
    約5年振りとなる今回の個展では、ベースを鉛筆で描きつつデジタルコラージュによってさらに表現の幅を広げ、陰影を巧みに使いながらグラフィカルな現代性を織り混ぜ、モチーフに対する摯実な視点を独自の表現に転換しています。
    この機会にぜひご高覧ください。

    Writing is Painting

    2019.06.28 ( fri ) -2019.08.03 ( sat )

    ARTIST リカルド・ゴンザレス

    「It’s a living」。生きている、生きるということ、または人生とも訳せるかもしれないこの言葉を自身のシグネチャーとするアーティスト、リカルド・ゴンザレスの個展開催をご案内致します。
    It’s a livingはリカルド・ゴンザレスを表現するフレーズにとどまらず、彼の哲学とも言えます。美しく、シンプルな書体で描かれるリカルドの作品は、巨大なスケールの壁画や、世界規模のブランドのロゴや広告、またストリートで見かけるステッカーまで様々な形で発表されています。
    「Writing is Painting」というこの展覧会のタイトルにもある通り、リカルドは言葉をイメージとして描きます。メキシコ出身でブルックリン在住のリカルドならではの視点で描かれたこれらの言葉は、私たちと社会のつながりを客観的に観察することから生まれています。見る側の受け取り方で様々な解釈ができますが、私たちは最終的に自らの理解と感覚でこの作品を受け入れ、自分と作品の間に何らかの疑問や
    つながりを見いだすことになるでしょう。

    会期中には、ホテル型アートフェア「アート大阪」へも弊廊より出品いたします。
    「生きるということ」を掲げるアーティスト、リカルド・ゴンザレスの新作をこの機会にどうぞご高覧くださいませ。

    ※本展では日本限定発売のシルクスクリーンプリントの販売を予定しております。部数に限りがございます。

    Piled up messages

    2019.05.24 ( fri ) -2019.06.22 ( sat )

    ARTIST 八木秀人

    hpgrp GALLERY TOKYOより、八木秀人開催「Piled up messages」をご案内申し上げます。
    日本をベースにニューヨークなど活動を広げる八木秀人。文字が層となり、まるで地形図のような立体が浮かび上がります。
    生活の中で得る思想や感情から文字を選び、レーザーカッターなどは使わずに紙とスチレンボードをカッターで一枚一枚裁断し、積層していきます。高い技巧と独自の構成によって新たな表現に挑みます。
    本展では今年3月にニューヨークで開催された個展に出品された作品群に加え、新作を発表。
    この機会にぜひご高覧いただきますようお願い申し上げます。

    2019.04.13 ( sat ) -2019.05.18 ( sat )

    ARTIST 佐直麻里子・高橋美衣

    hpgrp GALLERY TOKYOより、佐直麻里子 ・高橋美衣展の開催をご案内申し上げます。
    透明感のある素材や絵具を使い、イメージを重ねることで一つの景色を表現する佐直麻里子。
    「風景」という一つの言葉であっても、様々な物質や環境が干渉し合った結果に成り立つものだと気付いた佐直。そこから単にイメージを写し取る作業ではなく、様々な要素を含んだ「風景」の表現を目指しています。
    有機的な線と目にとまる鮮やかな色彩で独自の世界観を作る高橋美衣。何気なく思いつき、描き溜めている線のまとまりや、意味を与えない形たち。それらをまとめ、制作ごとに良いと思ったものを選び、平面や立体として作品化していきます。意識しすぎることのない柔軟な発想と繊細な技術を掛け合わせることで生み出される形をお楽しみください。
    この機会にぜひご高覧いただきますようお願い申し上げます。

    History on paper -Alex Katz-

    2019.02.22 ( fri ) -2019.03.30 ( sat )

    ARTIST アレックス・カッツ

    Mashup

    2019.01.11 ( fri ) -2019.02.16 ( sat )

    ARTIST 白田一馬

    現代社会の歪みをテーマに作品を発表する白田一馬。イメージや色彩を重ね、支持体となるパネルの側面をフェルトで包むなど、独自の手法で世界観を表現しています。
    インターネット上の匿名掲示板に書き込まれる、誰に宛てるでもない社会への鬱屈した憤りや罵詈雑言、破壊願望など、それらは日々大量に溢れかえり、光に触れる事なくインターネットの底に蓄積され続けています。
    今回発表する作品では、そうしたメッセージやイメージを汲み取り、切り取り、繋ぎ合わせることで絵画という新たな集合体として形を変貌させます。
    この機会にぜひご高覧いただきますようお願い申し上げます。

    ■ トークイベント:1月11日(金) 18 : 00 - 19 : 00
    阿部圭佑( 吉原芸術大サービス、S U E K K O L I O N S © ) × 白田一馬